ベジータは言わずと知れたドラゴンボールメインキャラです。
今回はそんなサイヤ人の王子の描き方ということで記事にしていきたいと思います。

ベジータの目はオーソドックなドラゴンボール絵

ドラゴンボールのキャラには、いくつか目のパターンがあります。
1 ノーマル悟空タイプ
2 ベジータタイプ
3 ヤムチャタイプ
4 17号タイプ
その中でも②のベジータタイプはドラゴンボールの絵を描くうえでもっとも
よく使われる、重要な「目」の形だといえます。

ということでベジータを描けるようになることで、
ほかのドラゴンボールキャラも描きやすくなる
わけですね。ベジータに限らず「スーパーサイヤ人」になったキャラの目はベジータの目に近くなります。
さすがサイヤ人の王子!

簡単なスーパーサイヤ人の描き方はこちらでご説明してますので
初めての方は先にご覧いただくとわかりやすいかもしれません。

目から描いていく

ベジータ描き方1

白目は逆台形のような形ですが、ポイントは
目頭を短め、目じりを長めに描くことです。

ひとみの大きさですが、もともとベジータはひとみが小さいキャラといえます。
ドラゴンボール超などではひとみが大きめにかかれることが多くなりました。

今回は少し大きめに描いてますが、原作の雰囲気をだすのであれば
「●」というより「・」でひとみを描くイメージ
ですね。

口鼻は基本型

ベジータ描き方2

輪郭もいつもどおりホームベース型!

ベジータ描き方3

輪郭は他のキャラでもご説明しているのですが
ホームベース型で書きます。
大人のバランスで描くようにします。

参考記事「大人と子供の描き方の違いとは?

ベジータの代名詞M時

ベジータ描き方4

ベジータといえばMっぱg、、、オデコがM字であるのが
大きな特徴ですよね。

Mのとがっている部分を外に広げて描くイメージで描いていきます。
予め頭の大きさを意識した上でM字をかいてあげるとバランスが取りやすくなります。

ベジータの髪の毛は多い

ベジータ描き方5

ベジータにかぎらず、ドラゴンボールのキャラクターは
頭が大きくて髪の毛が多いキャラクターが多い
です。

M字とのバランスをみながら、思ったより多めの髪の毛を描いて貰えると
ちょうどいいかもしれません!

首を描くと一気にドラゴンボール

ベジータ描き方6

ブロリーの描き方などでもご説明しましたが
首を描くと、一気にドラゴンボール感がでます。
首を描くことでキャラクターの「ガタイ」が決まるので
ドラゴンボールのキャラクターの強さの表現のためにも
余裕があればここまで描くことをおすすめします。

ベジータ顔を制するものは、、、

ベジータの描き方7

冒頭でお伝えしたように、ベジータ顔はドラゴンボールでも
非常にオーソドックスな顔
と言えます。
輪郭までをバランス良く描けるようになると
いろんなキャラクターに応用できるので是非練習してみてください!

蛇足ですが、
ベジータは悟空(カカロット)より背が低いキャラクター設定です。
もし、描く際は身体全体を悟空に比べてワンサイズ小さくしてあげる必要がありますね。

動画でも流れで説明してますので
よかったら再生してみてください^^
ぶくまでした!

youtubeで描き方動画を随時更新中!

youtubeのブクマチャンネルではyoutubeで描き方動画を随時更新しております。チャンネル登録いただくと最新動画がアップされた際に通知が行きますので便利です。是非ご利用ください!

ブクマチャンネルはこちら!